家づくりのなぜ? ~よくあるご質問~

木造住宅は他の工法に比べて本当に耐久性や耐震性が低いの?
大きな地震が発生すると、報道画面で流されるのは、必ずといっていいほど倒壊した木造住宅。 そこで木造住宅は耐久性や耐震性が低いと思われていますが、 倒壊した木造住宅について検証してみると、法改正以前の建物で、間取りの問題=柱と柱の間が離れすぎて壁がないものや、 構造材の問題=柱や土台が腐っていたことで基礎と建物が離れたものが多くありました。
宮城県沖地震以降に改正された建築基準法に適合した建物には、倒壊したものはなかったに等しいとのこと。 このようにバランスのよい壁の配置がなされた間取りと、 計算に基づく適切な金物が使用されたことで、 基礎と土台がきちんとつながり、 ほかの構造に負けない耐震性を実証できました。金物が有効に作用するためには、構造材=木材を腐らせない工夫は必要ですが、 必ずしも木造住宅だから耐震性が低いとはいえません。

【建築について教えて】

【住宅性能について教えて】

【省エネ・健康住宅について教えて】

【建てた後について教えて】

  • がんばろう東北!がんばろう宮城!東日本大震災緊急復旧工事支援活動
  • 現場見学会の情報をご案内!橘のイベント情報
  • 実際に快適性を体験してみよう!橘の展示場情報
  • 外断熱、高気密が実現する快適な住まい。ティーズシステムの秘密

お役立ち情報

  • 資料請求はこちら
株式会社橘綜合住宅
TEL:022-395-5318

定休日 毎週水・木曜日
営業時間 9:00~17:30
〒989-3122
宮城県仙台市青葉区栗生5-22-2
橘綜合住宅へのアクセス

社員ブログ 家づくりの楽しさ、情熱をつづる!

長期優良住宅ブログ 工事進捗状況を随時更新!

このページの先頭へ戻る