長期優良住宅について

長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するための構造や設備が講じられた住宅を指し、平成21年6月に施行された制度です。認定基準や、メリットなどをご紹介していますので、家づくりの際はご参照ください。もちろん、橘綜合住宅でも「長期優良住宅」に対応した施工を行っていますので、ご相談ください。

認定基準

長期優良住宅に認定されるには、以下の基準を満たす必要があります。
※宮城県ホームページ「長期優良住宅認定制度」より引用

構造躯体等の劣化対策 数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること
耐震性 建築基準法の概ね1.25倍超の耐力(震度7の地震被害を受けても補修すれば居住継続可能)であること
可変性(共同住宅、長屋に適用) 躯体天井高が2,650㎜以上であること
維持管理・更新の容易性
(一戸建ての場合、一部は適用除外)
構造躯体に影響を与えずに配管の交換等ができること
高齢者等対策(共同住宅など) 共用部分がバリアフリー改修可能であること
省エネルギー対策 次世代省エネ基準に適合していること
規模の基準 一戸建ての住宅の床面積の合計:75m2
共同住宅等(1戸の床面積の合計):55m2
資金計画 資金計画が当該住宅の建築及び維持保全を確実に遂行するため適切なものであること
維持保全の方法の基準 「構造耐力上主要な部分」「雨水浸入防止部分」「給排水設備」について,少なくとも10年ごとに点検を実施する計画になっていること
居住環境の維持及び向上への配慮
(宮城県における基準の適用)
良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること

認定メリット

長期優良住宅の認定を受けると、以下のような税制優遇や金利優遇があります。

税制上の特例措置
  • 所得税の控除(住宅ローン減税の拡充…10年間で最大600万円、および投資減税型特別控除…最大100万円)
  • 登録免許税の軽減
  • 不動産取得税の軽減
  • 固定資産税の減額期間の延長
金利優遇メリット 住宅金融支援機構が提供する、【フラット35】S(20年優遇タイプ)の金利優遇条件の一つとなっています。
  • がんばろう東北!がんばろう宮城!東日本大震災緊急復旧工事支援活動
  • 現場見学会の情報をご案内!橘のイベント情報
  • 実際に快適性を体験してみよう!橘の展示場情報
  • 外断熱、高気密が実現する快適な住まい。ティーズシステムの秘密

お役立ち情報

  • 資料請求はこちら
株式会社橘綜合住宅
TEL:022-395-5318

定休日 毎週水・木曜日
営業時間 9:00~17:30
〒989-3122
宮城県仙台市青葉区栗生5-22-2
橘綜合住宅へのアクセス

社員ブログ 家づくりの楽しさ、情熱をつづる!

長期優良住宅ブログ 工事進捗状況を随時更新!

このページの先頭へ戻る