資金計画を立てる

家づくりで重要なポイントとなる資金計画。長期にわたり支払う住宅ローンですから、無理のない、計画的な購入プランを立てたいところです。家づくりがはじめての方が多いと思います。橘綜合住宅では資金プランのご提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

自己資金の目安

家を購入する際の自己資金には、頭金や諸経費が含まれています。
頭金は建設費の2割が目安。残りの8割を住宅ローンで返済していくのが一般的のようです。
諸経費とは建設費とは別にかかる費用をさしています。その目安は建設費の1割。土地の各種手数料や税金、引っ越し費用や家財購入費に必要となる資金です。 最近は頭金なしでも組める住宅ローンがありますが、それだけ返済額は多くなります。家づくりを考えたら、少しでも早く、少しでも多く計画的に自己資金を貯めておくことをおすすめします。

毎月の返済額は?

一度、家庭の収支を洗い直し、「毎月いくら返済できるか」を計算しましょう。その上で住宅ローンの借入額を決めなければいけません。大切なのは、「自己資金の貯蓄」や「出産費や子供の学費」といった費用も考え、返済額を出すことです。 不測の出来事を考える必要もあります。転職・退職、病気やケガによって住宅ローンの返済が不能になったときのために、半年分の生活がまかなえるほどの貯蓄を目安として持っておくことをおすすめします。
家づくりを考えたときから、入居するまでは数カ月から数年かかる場合もあります。早いうちに返済計画を立てれば、そのぶん自己資金も増え、返済額も少なくなるはずです。

住宅ローンの種類

自分たちのライフスタイルに合った住宅ローンを選ぶのかも大事なポイントです。ライフプランと資金計画をよくお考えの上、どの住宅ローンを選ぶか、よく考える必要があります。

民間ローン

銀行や保険会社などの金融会社が提供する住宅ローンです。種類も多く、金融機関によって金利タイプも融資条件も違います。しかし、審査基準が少しゆるめなのと、借入限度額が高めなのが特徴です。

財形住宅融資

勤務先を通じて、一般財形貯蓄・財形年金貯蓄・財形住宅貯蓄のいずれかを1年以上続け、申込日に残高が50万円以上ある方が融資対象となる融資制度です。

フラット35

住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して提供する、融資制度です。金利は最長35年間固定(条件によって50年)。窓口となる民間金融機関によって金利も融資手数料も異なるので、自分たちにベストな資金計画を立てることもできます。

  • がんばろう東北!がんばろう宮城!東日本大震災緊急復旧工事支援活動
  • 現場見学会の情報をご案内!橘のイベント情報
  • 実際に快適性を体験してみよう!橘の展示場情報
  • 外断熱、高気密が実現する快適な住まい。ティーズシステムの秘密

お役立ち情報

  • 資料請求はこちら
株式会社橘綜合住宅
TEL:022-395-5318

定休日 毎週水・木曜日
営業時間 9:00~17:30
〒989-3122
宮城県仙台市青葉区栗生5-22-2
橘綜合住宅へのアクセス

社員ブログ 家づくりの楽しさ、情熱をつづる!

長期優良住宅ブログ 工事進捗状況を随時更新!

このページの先頭へ戻る