伊達の匠 熟練の手仕事が隅々までに生きる 居心地のいい、木の家

地元東北の山林で育てられた杉材を使用

日本人が古くから身近な素材として用いてきた杉は、美しい木目が特徴。強度、加工性に優れ、柱や内装材にも利用されることが多い身近な木材です。
「伊達の匠」に使用される構造材は地杉(地元の杉)。なぜなら、育った気候風土と同じ環境におかれると木は長持ちするからです。また流通過程の排気ガスを極力少なくし、環境にやさしくしたいという思いもあり地杉を使用します。
「伊達の匠」は職人の技で利用する木材の性格を一本ずつ確認しながら小屋を組んでいきます。大黒柱からつながるがっちり組み上がった小屋は、建物の耐久性や耐震性に力を発揮します。また、木は木材に加工された後も調湿し収縮することで「家の健康」を守り抜きます。

天然乾燥材の木材を使い、地球にも住まう人にもやさしい家

茅葺き屋根の日本伝統の建物は、「囲炉裏」から立ち上がる「煙」を利用し、長年にわたり「燻(いぶ)」し乾燥させ、耐久性を高めていました。
構造材に使われる燻煙乾燥木材は、この「囲炉裏」の技術を現代に応用しました。木材の繊維を破壊させることなく、木材が本来持つ調湿効果や害虫防止などに優れた、人と環境にやさしい建材です。
壁と天井にはケナフ壁紙や珪藻土などの天然素材を使用し、給湯や照明には太陽光のエネルギーを利用。毎日暮らす住まいですので、自然に近い素材を使用しているのも特徴です。

  • がんばろう東北!がんばろう宮城!東日本大震災緊急復旧工事支援活動
  • 現場見学会の情報をご案内!橘のイベント情報
  • 実際に快適性を体験してみよう!橘の展示場情報
  • 外断熱、高気密が実現する快適な住まい。ティーズシステムの秘密

お役立ち情報

  • 資料請求はこちら
株式会社橘綜合住宅
TEL:022-395-5318

定休日 毎週水・木曜日
営業時間 9:00~17:30
〒989-3122
宮城県仙台市青葉区栗生5-22-2
橘綜合住宅へのアクセス

社員ブログ 家づくりの楽しさ、情熱をつづる!

長期優良住宅ブログ 工事進捗状況を随時更新!

このページの先頭へ戻る