子供たちが薄着で駆け回る、「空気」が気持ちいい木の家

転勤を機に新築を考えた戸村様。
以前の住まいでは、カーテンが凍りつくほどの結露を経験したことから、健康住宅関心を持ち、橘綜合住宅のエコハウス「伊達の匠」をお建てになりました。

お住まいに伺ってその住み心地をお聞きしました。

その土地の気候風土を熟知した、地元のハウスビルダーにお願いしたい。

「主人の仕事は転勤が多く、それでも子供が小学校に入る頃には地元仙台に建てようかと、転勤先の山形で住宅展示場を漠然と見学していましたが、どこも同じに見えてちょっと違うなあと思っていたときに、エコハウスを知りました」と奥様。

「他と違う家作りが共感できましたけど私たちが計画しているのは仙台。『仙台も近いから建てられますよ』とは言われたものの、やはり全く気候風土が違いますからね。理にかなった住まいができるか心配でしたね。
そこで仙台でハウスメーカーを探して、橘さんへ問い合わせたのがきっかけです。山形では冬の結露のない家に住みたかった。その思いをぶつけると受話器から『性能なら任せて。絶対結露のない家を造るから』と心強い返事が返ってきて、まず寺岡の事務所を見に行きました。行ってみて説明を聞くと、なるほどこれなら大丈夫と思いました」

私たちの目線に立った住まい造りの提案。間取りや仕様が自由に選べるのも楽しい。

「たくさんの住宅展示場を見ましたが、正直、担当者が何を言っているのか専門用語ばかりで、ちんぷんかんぷん。
最後に橘さんの事務所を見ました。蜂谷社長の説明がとても分かりやすかったのが印象的でした。結露が起きる理由やなぜ外断熱工法がいいのか、やっと理解できました。
気取ったところもなく、フランクで親しみやすい社長ですよ。決め手は社長の人柄かしら」と笑顔で当時を振り返る奥様。

「それと間取りも何通りか作ってくれ、私たちが納得するまで検討できました。床材や壁、天井の仕上げを自由に選べることも大変な作業な反面、とても楽しかったです」

性能のよい住まいは、結果的にお得だと思いますね。

「はっきりいってローコスト住宅ではありません。最初、主人もどこで建てても同じだという考えでしたが、住んでみると全く違うことを実感したようです。
まず当然ながら冬の結露はありません。そして今年の猛暑も快適でしたよ。エアコンを購入することもなく終わってしまいましたから。これには私もびっくり。もちろん子供たちは汗びっしょりで走りまわっていましたが(笑)。
不快感って気温よりも湿度ですね。台風のような日はさすがに家の中も湿気がこもるので、結果的に除湿ができればいいですね、あと軒をもう少し出しておけば、夏の強い日差しはさえぎれたかもしれません。

でも住まいの性能が高いからカビや結露がありません。こんなに快適なので将来建て替える必要はないと思います。家も人間の身体と一緒で、まず中身が大切ですよね。どんなに表面を取り繕って、どんなに高価な内装を施しても、性能が悪いとすぐに痛んでしまうんだろうなあというのが、住んでからの実感です。
後輩にも見た目のものにお金を使うより、性能を重視した方がいいわよとアドバイスしているんですよ」と、とても満足そうな奥様の笑顔が印象的でした。

残暑が厳しい日の取材でしたが、無垢材をふんだんに使った明るい室内を気持ちよい風が通り抜けていく、本当に快適なお住まいでした。

  • がんばろう東北!がんばろう宮城!東日本大震災緊急復旧工事支援活動
  • 現場見学会の情報をご案内!橘のイベント情報
  • 実際に快適性を体験してみよう!橘の展示場情報
  • 外断熱、高気密が実現する快適な住まい。ティーズシステムの秘密

お役立ち情報

  • 資料請求はこちら
株式会社橘綜合住宅
TEL:022-395-5318

定休日 毎週水・木曜日
営業時間 9:00~17:30
〒989-3122
宮城県仙台市青葉区栗生5-22-2
橘綜合住宅へのアクセス

社員ブログ 家づくりの楽しさ、情熱をつづる!

長期優良住宅ブログ 工事進捗状況を随時更新!

このページの先頭へ戻る